寄与分が問題になる場合

寄与分とは、相続人の中で、被相続人の財産形成または維持に特別の寄与をした者に、法定相続分以上の財産を取得させ、実質的な公平を図る制度です。

 

例えば、被相続人の遺産が1億円で、相続人が兄弟2人であり、兄が家業を手伝って、被相続人の財産形成に2000万円の寄与があった場合、

 

見なし遺産 = 遺産:1億円-2000万円(兄の寄与分) = 8000万円

 

兄の相続分:8000万円 × 1/2 + 2000万円 = 6000万円

弟の相続分:8000万円 × 1/2       = 4000万円

 

となります。

 

・被相続人である親の家業に従事して、財産を増やした

・被相続人である夫の事業に、妻が無償で従事していた

・親の介護をして介護費用の支出を抑えた

 

このような場合は、寄与分が認められる可能性がありますので、弁護士にご相談ください。

 

どのような場合に寄与分が認められるのかは微妙な判断ですので、納得が出来ない点やご不安な点がある場合、寄与分を巡って、他の相続人と揉めそうな場合は、弁護士にご相談ください。

 

尚、寄与分が認められるのは法定相続人に限られます

例えば、息子の妻が被相続人の介護に献身的に携わったというような場合には、残念ながら寄与分として主張することはできません。

The following two tabs change content below.
弁護士 柴田収

弁護士 柴田収

弁護士法人岡山テミス法律事務所代表弁護士。「相続」が「争族」になってはいけない、残された家族みんなが幸せにならなければいけないことを信条に日々相続案件に取り組んでいる。
弁護士 柴田収

最新記事 by 弁護士 柴田収 (全て見る)

相続問題で岡山テミス法律事務所が選ばれる理由

イメージ画像
1

生前対策から紛争対応 まで、相続問題をトータルで解決

イメージ画像
2

難しい法律用語は使わず、 丁寧にわかりやすく解説

イメージ画像
3

弁護士への依頼を検討 している方の相談は無料

弁護士への依頼を検討している方の相談は無料 TEL:086-206-3650 弁護士法人岡山テミス法律事務所(岡山弁護士会所属)

相続問題で岡山テミス法律事務所が選ばれる理由

イメージ画像
1

生前対策から紛争対応まで、相続問題をトータルで解決

イメージ画像
2

難しい法律用語は使わず、 丁寧にわかりやすく解説

イメージ画像
3

弁護士への依頼を検討 している方の相談は無料