岡山 弁護士による遺言・相続の無料相談 岡山テミス法律事務所(岡山県弁護士会)

弁護士への依頼を検討している方の相談は無料 TEL:086-206-3650 受付時間9:00〜18:00 お問い合わせフォーム
相続・遺産分割のお悩みは、弁護士の無料相談をご活用ください。それぞれの状況に合った最適な解決策をご提案させていただきます。

相続・遺産分割のよくあるご相談内容

  • 相続発生後の流れを知りたい
  • 遺産分割協議がまとまらない
  • 遺留分減殺請求をしたい・された
  • 相続財産の使い込みが発生した
  • 生前対策(遺言作成)を行いたい
  • 相続人の調査をして欲しい

岡山で相続・遺産分割でお悩みの方へ ~代表メッセージ~

相続・遺産分割のお悩みを弁護士が解決します。代表弁護士 柴田 収

相続とは、遺された家族みんなが幸せになれることが最終目標でなければなりません。
たとえ多額の遺産を遺したとしても、それが原因で家族が憎み合うようなことになれば、何の意味もありません。「相続」が「争続」にならないよう事前にしっかりと考え、対策を取っておくことが、最終的に家族みんなの幸せにつながるのです。また、突然に家族を亡くされた遺族の方が、「もっと早く弁護士に相談しておけば良かったのですが、何しろ突然のことで・・・」と言ってご相談に来られることも珍しくありません。
遺された家族がこのような悔しい思いをすることのないよう早めに対応しておくことも家族としての責務です。
残念ながらすでに相続人同士が争う状況になってしまっている場合、遺された家族の方にはそれぞれに「想い」があってそのような状況になっていることが多いです。私達は、その遺されたご家族の「想い」を実現し、納得のいく相続を実現するお手伝いをさせていただきます。

相続問題で岡山テミス法律事務所が選ばれる理由

イメージ画像

1

生前対策から紛争対応
まで、相続問題をトータルで解決

イメージ画像

2

難しい法律用語は使わず、
丁寧にわかりやすく解説

イメージ画像

3

弁護士への依頼を検討
している方の相談は無料

相続問題を弁護士に依頼するメリット

相続問題を弁護士に依頼をすることで、相続問題における多くの失敗を回避することができます。交渉の際には法的に過不足ない範囲を認識していますので、不利な条件を飲んでしまうことや、通らない主張をして泥沼の「争族」になってしまうことを防ぐことができます。

また、遺産分割調停をはじめとした裁判所における手続は、いずれも法的に整理された主張書面の提出をしないと不利益を受ける可能性が高くなります。相続問題で失敗しないために、精通した弁護士に依頼することにメリットがあるのです。

弁護士に交渉を依頼するメリット

早期に、失敗せずに解決できる

弁護士は法律の専門家ですので、主張が認められるかについて、ある程度の見通しが立てられます。弁護士に依頼することで、主張すべき点、譲歩すべき点を知り、適切な方法で適切な解決案を相手に提案することができます。

弁護士が扱う多くの相続案件は、任意に交渉することによって裁判手続を用いることなく解決されています。協議により早期に紛争が解決すれば、相続人間の亀裂も最小限に抑えられますし、紛争解決の金銭的・時間的コストも最小限に抑えることができます。

弁護士に調停を依頼するメリット

適切に法的主張ができ、不本意な結果を避けることができる

裁判所は、当事者が提出する証拠や主張のみを材料に判断をすることが多く、当事者が十分な主張立証活動を尽くしていなければ、正しい結論を得ることはできません。

調停の際の仲裁役となる調停委員は裁判所から嘱託を受けた一般人であり、委員の多くは法律の専門家ではないうえ、紛争を話し合いでまとめようと考えていることが多いです。そのため、きちんと準備をして調停に臨まないと、自身の主張内容を十分に手続の進行に反映させることはできません。

十分な立証を行わなければ、調停の流れが不本意なものになってしまうことがあります。そして、仮にそうなったとしても、裁判所が中立的な立場から軌道を修正し、正しい結論を導いてくれるとは限りません。

裁判や調停の経験が豊富な弁護士に依頼をすることで、適切な主張と立証を行い、調停の流れをコントロールすることができるのです。

相続問題を弁護士に依頼するメリット

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

新着情報

相続・遺産分割のよくあるご相談内容

  • 相続発生後の流れを知りたい
  • 遺産分割協議がまとまらない
  • 遺留分減殺請求をしたい・された
  • 相続財産の使い込みが発生した
  • 生前対策(遺言作成)を行いたい
  • 相続人の調査をして欲しい

相続・遺産分割のお悩みを弁護士が解決します。代表弁護士 柴田 収

相続とは、遺された家族みんなが幸せになれることが最終目標でなければなりません。
たとえ多額の遺産を遺したとしても、それが原因で家族が憎み合うようなことになれば、何の意味もありません。「相続」が「争続」にならないよう事前にしっかりと考え、対策を取っておくことが、最終的に家族みんなの幸せにつながるのです。また、突然に家族を亡くされた遺族の方が、「もっと早く弁護士に相談しておけば良かったのですが、何しろ突然のことで・・・」と言ってご相談に来られることも珍しくありません。
遺された家族がこのような悔しい思いをすることのないよう早めに対応しておくことも家族としての責務です。
残念ながらすでに相続人同士が争う状況になってしまっている場合、遺された家族の方にはそれぞれに「想い」があってそのような状況になっていることが多いです。私達は、その遺されたご家族の「想い」を実現し、納得のいく相続を実現するお手伝いをさせていただきます。

相続問題で岡山テミス法律事務所が選ばれる理由

イメージ画像

1

生前対策から紛争対応まで、相続問題をトータルで解決

イメージ画像

2

難しい法律用語は使わず、
丁寧にわかりやすく解説

イメージ画像

3

弁護士への依頼を検討
している方の相談は無料

相続問題を弁護士に依頼するメリット

相続問題を弁護士に依頼をすることで、相続問題における多くの失敗を回避することができます。交渉の際には法的に過不足ない範囲を認識していますので、不利な条件を飲んでしまうことや、通らない主張をして泥沼の「争族」になってしまうことを防ぐことができます。

また、遺産分割調停をはじめとした裁判所における手続は、いずれも法的に整理された主張書面の提出をしないと不利益を受ける可能性が高くなります。相続問題で失敗しないために、精通した弁護士に依頼することにメリットがあるのです。

弁護士に交渉を依頼するメリット

早期に、失敗せずに解決できる

弁護士は法律の専門家ですので、主張が認められるかについて、ある程度の見通しが立てられます。弁護士に依頼することで、主張すべき点、譲歩すべき点を知り、適切な方法で適切な解決案を相手に提案することができます。

弁護士が扱う多くの相続案件は、任意に交渉することによって裁判手続を用いることなく解決されています。協議により早期に紛争が解決すれば、相続人間の亀裂も最小限に抑えられますし、紛争解決の金銭的・時間的コストも最小限に抑えることができます。

弁護士に調停を依頼するメリット

適切に法的主張ができ、不本意な結果を避けることができる

裁判所は、当事者が提出する証拠や主張のみを材料に判断をすることが多く、当事者が十分な主張立証活動を尽くしていなければ、正しい結論を得ることはできません。

調停の際の仲裁役となる調停委員は裁判所から嘱託を受けた一般人であり、委員の多くは法律の専門家ではないうえ、紛争を話し合いでまとめようと考えていることが多いです。そのため、きちんと準備をして調停に臨まないと、自身の主張内容を十分に手続の進行に反映させることはできません。

十分な立証を行わなければ、調停の流れが不本意なものになってしまうことがあります。そして、仮にそうなったとしても、裁判所が中立的な立場から軌道を修正し、正しい結論を導いてくれるとは限りません。

裁判や調停の経験が豊富な弁護士に依頼をすることで、適切な主張と立証を行い、調停の流れをコントロールすることができるのです。

相続問題を弁護士に依頼するメリット

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

新着情報